TECTAのある暮らし。

 

 

 

 

みなさまこんにちは、度々登場するよしはるです!

 

いきなりですが、世界的に有名なインテリアブランドTECTA(テクタ)はご存知でしょうか。

1919年に世界初、総合アートスクールとして誕生したバウハウス。

ナチスの迫害によりすぐ閉校となりましたが、バウハウスが提唱した機能美のデザインは今もなお賞賛され続けています。

その思想を正確に伝承するブランドが TECTA です。

TECTA社は1972年、バウハウスに魅了されたアクセル・ブロホイザーと彼の父親によって設立されました。

 

 

 

 

スタッフも憧れるTECTA。ご紹介したい家具がたくさんありますが今回は一つもっているだけで幅広く使える

サイドテーブル K22 をご紹介いたします!

 

使い方その①

~ ソファと一緒に。~

image25

 

前かがみにならず楽な姿勢のままコップが置ける。

リビングテーブルが無い分スペースが広くなる。

ソファに座りながらパソコンや簡単なでデスクワークが出来る。

 

既にいいことづくしです。。

 

 

使い方その②

~ベッドの脇に。~

さっと物を置くのにもちょうどよい大きさです。

昇降機能付きなのでお好みの高さでお使いいただけます。

 

image18

 

 

使い方その③

~空きスペースのディスプレイに。~

玄関やスペースがある場所に。お気に入りを乗せるだけであっという間にオシャレな空間が作れます♪

 

image29

 

使い方その④

~ダイニングに添えて。~

 

 

image11

パーティでワインや取り皿を、お鍋の時には場所をとる野菜や肉を置いてみたり。

 

 

お子様のお食事補助の際にも便利 ◎

 

image111

 

スタッフKおすすめは TECTA × TECTA !

 

image1

 

いや~かっこいいです。。惚れます。。

スタッフKもご満足の様子でした。笑

 

 

 

・ウォールナット / チェリー / オーク / アッシュホワイト / アッシュブラック /

アッシュウェンジ / ガラス

 

・・・と色や素材も幅広くございますのでお部屋の雰囲気に合わせてお選びいただけます。

 

 

実際に見ていると、あ~やっぱりかっこいいな、これが家にあればな、と思ってしまうわけでして、、スタッフY、、この度TECTA K22を購入しました!!

 

後日紹介させていただきますね(●^o^●)

 

 

みなさまのご来店お待ちしております。

 

 

Libretto

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>